恋愛診断ハニホーのイメージ rocket_launch まずコチラ
完全無料の性格診断と恋愛診断
診断を極めたハニホー!

tips_and_updates ハニホーってどんなもの?

◆我々は、性格診断や恋愛診断・恋愛に関するコンテンツを提供しています。
◆楽しい診断だけではなく、恋愛に役立つツール(アプローチ方法を提案する、別れるべきか判定する、等)を提供します。そして「恋愛に悩んだらハニホー」「恋愛といえばハニホー」を目指しています。
◆名前と生年月日だけ入れて適当な結果を出すわけではありません。日々の恋愛や心理の研究から診断づくりをしています。なお、新しい診断ほど精度が高い傾向にあります。
◆あなたの目が確かならば、他のサイト等とは段違いの内容であることがお分かりいただけると思います。
◆とても健全な内容で安全です。
◆前身となるサイトから26年運営されています(開始1996年)。
◆ぜひ末永くお楽しみください。

tips_and_updates 診断はあてになるの?

このような隅のほうまで興味を持っていただいたことに感謝します。ハニホーがどれほどのことを考えて診断しているかを理解するには、下記のサイトに行って、かなり下のほうにある「コラム」をいくつか読んでみてください。あまり辿り着かないような場所にあります。

片想い相性恋愛診断性格診断彼氏彼女結婚復縁遠距離恋愛同棲不倫

ハニホーの作者(「恋愛の学校」の校長)は、一つ一つが数千字にもなるような相談に、旧サイトから合わせて3400件以上も回答してきました。そこで培ってきたものがよく伝わると思います。心理学などの学者よりも遥かに恋愛の現場を見てきて、また「ただ恋愛をたくさんした人の経験談」より遥かに体系立てられた哲学や恋愛観を持つ、ここハニホーにこそ「芯を食った」内容があるということがお分かりいただけることでしょう。

tips_and_updates 診断はどう作る?

下記コラムが参考になるでしょう。

性格診断の作り方恋愛診断の中身

おふざけではないですし、バーナム効果(誰にでも当てはまるようなことで当たった気にさせる効果)を狙ったものでもないのです。

tips_and_updates 当たる?当たらない?

本当に当たらないこともたまにあるのですが、中には「極端に盛った写真にうるさい」などの攻めたコメントで「当たらない」と思われる方もいます。

診断結果のコメントには、「あざとい」のように抽象的に性格を表すものと、「極端に盛った写真にうるさい」のように具体的なことに言及する勝負に出たコメントが混ざっています。勝負に出たコメントは、具体的なだけあって、そのまま捉えると「べつに写真にごちゃごちゃ言いませんけど?当たってないなぁ」ということになりやすいのですが、当たらないと捉えずに「そういう風な人だと思われている(盛った写真にうるさそうな人だと思われている)」と捉えてください。とはいえ、勝負に出たコメントすら、当てに行っているものがほとんどです。

全体感としては、抜群によく当たります!

tips_and_updates どの診断をやれば?

恋愛診断も性格診断も、日々、研究を重ねて作成されています。新しいものほど、分析の鋭さ、表現や結果パターンの多さ、精度が段違いなのです。

あなたの落とし方ワンツースリー 最新作はお手軽にできるお遊び系の恋愛診断で「新生!あなたの落とし方ワンツースリー」です。分析量が物凄い・・・というわけではありませんが、気軽に楽しい診断を求めている方はこれが良いでしょう。

トレカ恋愛診断 恋愛で自分を分析したい方は、今なら「トレカ恋愛診断」です。イロモノに見えますが、結果がトレカ風になっているだけで、診断の鋭さは現在「圧倒的」な一位です。次点で「恋愛の履歴書」でしょう。

トレカ性格診断 自分の性格を分析したい方は、今なら「トレカ性格診断」です。こちらも性格診断の鋭さとしては、一番です。どれほど人の本質を捉えているか、よくお分かりいただけるはずです。次点で「性格の履歴書」でしょう。

才能を診断するもので根強い人気があるのは「才能と性格を見抜く性格診断」です。オーソドックスで安定した人気があります。

tips_and_updates その他の用途

気になる人との相性診断を(一人で)やりたい

軽めの気持ちなら「普通の相性診断」で、本気でやるなら「全てを含んだ相性診断」へどうぞ。

相性診断を好きな人と二人でやりたい

二人でやる相性診断」へどうぞ。

片想いの人を知りたい

好きな人について」のサイトに行くと、相手の分析、相手の気持ち、自分の気持ちまで診断できます。

他にも、結婚、復縁、不倫、彼氏彼女、同棲など、それぞれのテーマに沿ってたくさんの恋愛診断や性格診断があります。ぜひ利用してみてください。

< 浮気について:TOP(目次)へ戻る

浮気されたら

許すべき?別れるべき?方針決めの前に

許すべき?別れるべき?いきなりそうやって方針を決めようとしたり、どうあるべきか考える人もたまにいます。「どうすべきか」より「どうしたいか」を考えるにしても、結局、別れたいかとか付き合っていきたいかとか、行動指針を決めようとして、よく分からなくなる人もいます。

どうすべきだとか、どうしたいだとか、そういうのは後でいいのではないでしょうか。方針というのは、自分の気持ちが発散されたり、整理されて把握できたり、相手の気持ちが分かった後でなければ、なかなか打ち出すことができないのです。モヤモヤしたり不透明の状態ではなかなか「どうすべき」「どうしたい」が出てこないのです。

浮気されて傷ついているのではないでしょうか。怒りもまた、痛みの一種です。怒りが落ち着けば、深く沈むことでしょう。まずは心にそのまんまな状態でいましょう。何がベストかなどは先に考えなくていいのです。

まずは心の垂れ流し

精神的に落ち着かない人は、吐き出してノートに書いたりしてもいいでしょう。うまく吐き出せない人もいるかと思いますから、浮気されたときによく出る気持ちを並べてみます。どの気持ちがあるとかないとか、どれが強いとか、自分の中で探ってみてはどうでしょうか。

◆悔しい。
◆腹が立つ。許せない。怒りが抑えられない。
◆さみしい。
◆私のことが重かった?魅力がなかった?私への気持ちが知りたい。
◆本気?遊び?相手は誰?浮気相手への気持ちや浮気相手の情報が知りたい。
◆やり直す気はある?彼氏(彼女)がこの後どういう気持ちなのか知りたい。
◆自分が情けない。自信をなくす。
◆同じぐらいつらい目に遭わせたい。
◆まだ好きな気持ちや愛しい気持ちもある。だからつらい。
◆信じたい。相手の人間性や、これまでの笑顔とか、そういうのを信じたい。
◆相手への愛情は完全になくなった。封じているのではなく、なくなった。
◆相手への愛情はもともとなかった。だから素直になっても、あまり感じることはない。
◆反省してほしい。私の気持ちを分かってほしい。
◆もうやり直せる気がしない。
◆気持ち悪い。人間性がもう信じられない。
◆気持ち悪い。性的な面でもう気持ち悪い。
◆浮気相手に地獄を見せたい。ワナワナする。

などなど。この例に囚われる必要はありません。特に人に話してみると、意外な(一般論では語れないような)気持ちも出てくるものです。

さて、どうしましょう

傷は癒えないでしょうが、少し落ち着いたら、目先の方針を考えましょう。もういきなり「別れる」と結論が出ている人もいるかもしれません。特に考えるまでもなく方針が決まっているのならそれでいいのですが、決まっていないのなら、もう少し近い方針を打ち立てましょう。

例えば「証拠を突き付けて、彼氏の言い分や背景を聞かなきゃ、何も始まらない。まずはそこから」などと考えるのもいいでしょう。別れるとか許すとかそういう方針ではなく、近いところの流れを決めて、後のことは後で考える、でいいのです。一つのドアを開けないと、自分がそこでどう感じるかも分からない、その先にどんなドアがあるのかも分からない、そういうことがほとんどですから。

「泣き寝入り」の是非

彼氏彼女との力関係などから、なかなか浮気の事実について聞けない、泣き寝入りするしかないか、と思う人もいるでしょう。でも、当然に「本当にそれでいいのか」という思いが湧いてきます。泣き寝入りって、どうなんでしょうか。相手を調子に乗せて、そんなことでいいんでしょうか。

良くはないです。何に良くないかと言えば、あなたの心に良くないです。でも、泣き寝入りを選ぶ人は、そんなこと分かっていると思います。

自分の気持ちを犠牲にして、いま波風立てないことを選んだ。悔しいけど、相手が、それでもここに帰って来たいと思ってくれるなら、もうそれでいい。そういう風に、自分が選んだ道のことやその意図が整理できているなら、それも一つの選択でしょう。苦渋の決断をしてさえも裏目に出ることはありますが、実際に泣き寝入りしてもその後でなんとかやっていけた二人というのはいます。推奨はしませんが、絶対にない選択肢ではありません。

例えばですが、浮気に気付いているということを暗に示して、相手を焦らせた上で、何も言わない(不問にする)人もいます。小中学生のころに、何か罪深いことをして、親は気付いていたのに何も言わないでいてくれた。そういうことが救いになった人もいるでしょう。相手の良心に託すというのも、相手を信じることができるならですが、一つの選択肢になり得ます。全ての罪を明らかにすることだけが正しい道だとは誰も言えません。

「罵倒」「徹底追及」の是非

罵倒や徹底追及、もちろんそれも一つの道です。何よりも、浮気された側の気持ちが、わずかにでも回復する(かもしれない)というメリットがあります。

もちろんそれで修復できないほどの関係になるかもしれません。別れに至るかもしれません。でも、これで壊れるぐらいの関係ならさっさと壊れてしまえ、という思いの人もいることでしょう。そういうことが覚悟できているなら、とことん追及、とことん罵倒、でいいのではないでしょうか。

関係を壊す勢いで、壊れてもいいという気持ちで、信じていたことや悔しいことなども含めてぶちまけると、その局面を奇跡的に乗り越えた場合に、前よりも絆が強くなることがあります。諦めたからこそ、シンプルな心が出て、お互いに分かり合えたり愛しく思えたりもするのです。ただし、そういったことは狙っていけるようなものではないのですが。

関係を壊す覚悟まであるのか、明らかにして乗り越えられなきゃ付き合っていく意味なんかないと考えるのか、などなど。自分の中でよく練ってみるといいでしょう。決して悪い選択肢ではありません。

≪浮気する人の気持ち
浮気からの立て直し≫

※このコンテンツは、読み流すだけで成長するサイト「恋愛の学校」の校長が作成しています。ぜひ恋愛の学校にもお越しください。

【SNSでの共有】
+シェア用テキスト+
テキストエリアをタップする
だけでコピーできます。
send to Twitter send to Facebook send to Mixi other
フェイスブックでこのページについて共有する場合は、以下をコピーしてから「シェア」の際に貼りつけると伝わりやすくて便利です。

【コピー用テキスト】
※テキストエリアをタップするだけでコピー完了




cancel 閉じる
mixiでこのページについて共有する場合は、以下をコピーしてから「mixiチェック」の際に貼りつけると伝わりやすくて便利です。

【コピー用テキスト】
※テキストエリアをタップするだけでコピー完了


send to mixi
cancel 閉じる
ブログやメール、その他のSNSでこのページについて共有したい場合は、下記のテキストをコピーすると便利です。どうぞご利用ください。

【コピー用テキスト】
※テキストエリアをタップするだけでコピー完了


cancel 閉じる
 
浮気について:TOP(目次)へ戻る